財団法人日本医療機能評価機構認定病院
採用情報

臨床心理士(現在募集しておりません)

薫風会で活躍する「臨床心理士」の業務をご紹介

 

薫風会では活躍できる場所がたくさんあります

 

 

薫風会で働く心理士のお仕事紹介

臨床心理室:心理検査・カウンセリング

様々な患者様と触れ、心理士としての技量やアイデンティティを磨く機会に

心理検査は、知能検査・作業検査・人格検査など多角的な視点からアセスメントを行い、第一に検査を受ける患者様の今後の治療・生活に役立てられるよう心がけ実施しています。カウンセリングでは主に外来通院の患者様とお会いすることが多く、認知行動療法的・支持的・分析的療法など、その方の目的に合わせたアプローチ方法を見立て進めています。検査・カウンセリングともに、様々な患者様と触れ、毎回が心理士としての技量やアイデンティティを磨く機会になっています。

一覧へ戻る募集要項へ

臨床心理室:認知症疾患医療センター

初めて精神科に訪れる患者様・ご家族、病院スタッフとの密な連携に欠かせない存在です。

当院は都が指定する北多摩北部保健医療圏認知症疾患医療センターを併設しており、専門医による鑑別診断が行われています。心理士の役割は、鑑別診断にみえた患者様の認知機能を測定・検討し担当医に報告することと同時に、医療連携相談室・外来スタッフとの密な連携業務が必要とされます。また、初めて精神科に訪れる患者様・ご家族への配慮なども大切な心構えの一つです

一覧へ戻る募集要項へ

臨床心理室:多職種チームでの心理教育

当院では、集団プログラムとして、多職種のスタッフで心理教育を行っています。

疾病教育や退院後の生活について考えること、ストレスマネジメントや認知行動療法など、内容は多岐に渡ります。患者様が主体的に治療や今後の生活での課題に取り組めるよう、多職種のスタッフで連携しています。そのなかで、心理士は調整役をすることもあります。

患者様と一緒に目標へ向かって進む中で心理士としての視野が広がります。

心理教育のプログラムは、集団がもつ力を体験したり、一対一の関係性では見えてこなかった患者様の新たな面に触れる機会となっています。さまざまな専門性を持つスタッフと協力しながら、患者様と一緒に目標へ向かって進むなかで、調整役として課題にぶつかることもありますが、心理士としての視野を広げることにもつながると感じています。

一覧へ戻る募集要項へ

デイケア

一人ひとり悩みや相談にあわせて自立支援を行なっています。

デイケア室では、多職種(医師・看護師・作業療法士・精神保健福祉士など)のチームで、一人ひとりの利用者の悩みや相談にあわせて、精神障害者の自立の支援を行なっています。心理士は、週に1~2日はデイケアスタッフとして、再発防止、SST、心理教育的なプログラムを通して、利用者のリカバリーに向けた援助をしています。

多職種の視点や援助方法などを学び、人としても成長できる場所

多職種で行なっているので、利用者の悩みに合わせて相談したり、チームで話し合ったりと、日々、協働しながら取り組んでいます。他機関や他部署との連携も密に行なわれています。精神科救急病棟と連携し、退院後の生活支援や就労に向けた取り組みにも力を入れています。チームとして自分自身も支えられているので、心強く思え、専門性だけでなく、自分の得意なことも発揮できる場だと感じます。また、多職種の視点や援助方法などを学ぶこともできますし、利用者からも麻雀やゲートボールなど知らなかったことを教えていただいたりと、スポーツやイベントなど利用者とともに自分自身も楽しんで過ごしています。そして、何より、人として成長できる場所でもあると思います。

一覧へ戻る募集要項へ

田無メンタルクリニック

クリニックでは、心理検査によるアセスメントが業務の中心です。

心理検査によるアセスメントは、心理業務の柱の一つでもあり、様々な患者様の今の状態を解釈し、担当医の先生と相談しながら、その患者様らしさをさらに理解することは、やりがいがあります。心理検査結果から、今後の生活の工夫を見出して、「もう一度やってみようと思う」という言葉を残される患者様もいらっしゃいます。そういう時、心理検査を担当してよかったと、ほっと胸をなでおろすような、嬉しいときです。

一覧へ戻る募集要項へ

田無メンタルクリニック:リワークデイケア

うつ病などで休職された方の復職に向けたリハビリテーションを行なっています。

リワークデイケアでは、多職種(医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、心理士)がチームを組み、一人一人に合わせたリハビリテーションを実施しています。

“復職に向けたリハビリテーション”と言いましても、その取り組みは一言では言い表すことが難しいくらい個別性に富んでいます。年齢の違いや仕事内容の違い、生活の背景も一人一人異なります。働くということは、その人の生き方とも密接なつながりを持った行為です。“復職”だけに留まらず、どのようにこれからの人生を歩んでいくか、それを一緒に考えていきます。復職に向けたリハビリテーションは、そのように幅や奥行きのあるものです。そこに難しさがありますがやりがいもあります。

様々な専門職が互いに学びあい、成長していける関係性があります。

心理士は、利用者との面接や導入時期の心理検査を通してアセスメントしたり、認知行動療法や疾病教育などのプログラムを行なっています。

日々、いろいろなことが起こります。悩みもします。ですが、様々な専門職がチームにいますので、それがとてもこころ強く感じます。チームには、お互いに学びあえる関係性がありますので、専門職として成長していける場でもあります。一緒に働けることを楽しみにしています。

一覧へ戻る募集要項へ

募集要項

勤務地 心理室・デイケア、クリニック
勤務場所 心理室・デイケア
勤務時間 午前8時50分から午後5時10分
休日・休暇 4週8休制(週実働35時間) 年間休日114日
日曜、祝日、年末年始(一部当番あり) 年次有給休暇(初年度10日、最大20日)
モデル初任給 内訳 基本給 主要手当 合計
臨床心理士 244,350 14,000 258,350
※主要手当/住宅手当 ※交通費別途支給 ※経験者は優遇いたします
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(実績:6月、12月 合計4.8ヶ月程度)
採用条件 ・心理検査は、WAIS、Ro-test、HDS-Rの実施経験あり
・病院経験3年以上、臨床経験5年以上
・多職種チームで働く意欲のある方
備考 ・当院は電子カルテを導入しております
・病院・クリニックでの経験者歓迎

応募フォーム

もしくは下記に履歴書と職務経歴書をお送りください。

〒188-0012 東京都西東京市南町3-4-10 医療法人社団薫風会 山田病院
採用担当:事務部 部長 山田

TEL:042-461-0005

ページトップへ